08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

>>WEB予約はこちら

予約フォーム

ストレスケア

不安ケア

ストレスケア 

いつも意識していない日常の積み重ね。

いつもの様に朝起きて、ごはんを食べて、会社に行って。

電車を降りたら、この道右だったな とか まっすぐだな とか特に考えなくても、勝手に体が動く。

右に曲がったら、いつもと違う風景に突然なっている事もなく、当然の様にいつもと同じ行動、光景。

 

実は、こういった当たり前の日常が、漠然とした そして大きなこの世の中への信頼に繋がっています。

 

この当たり前がバランスを崩した時、今までと変わりない毎日がやってこないかも と思うとき

人は心の中で、漠然とした不安を抱える事があります。

 

不安だと言い続けるとより不安が募ってくる気がして、その気持ちを見ないフリをしてしまう方がとても多いです。

「考えても仕方ない」

「言っても仕方ない」

 

これは心理的には抑圧といって感情を抑え込むことです。

抑圧された感情は、なくなってしまえば良いのですが、抑え込まれているだけで、どこにもいかないんですね。

ふとした時に、ふと湧いて出てくる。

見ない様に、なかった様にしているから、いつ出てくるのかわからず、それが抑圧されたものかもわからず、自分でも予期せぬ形で出てくる。

抑圧が強い人だと、感情にあらわれず、蕁麻疹になったり、咳、頭痛、下痢、便秘、不眠などになって体にあらわれてきます。

 

お勧めなのは、不安な気持ちがあると認めて、それを適切に流しだすこと。

 

今の時期には、不安ケア が必要なのではないでしょうか。

 

否定しない人に「なんか不安だよね」と気持ちを聞いてもらう。

聞き手は「そんなの考えても仕方ないよ」と否定することなく、ただ、受け止めてあげる。

「不安なんだね」で良いんです。

「そんなの考えても仕方ないよ」といわれると、わかってもらえない感が出て、言わなきゃよかったって思いませんか?

もし、ご家族や大切な人が何か気持ちの隅っこでも吐き出したら、アドバイスではなく、(近しい人ほど、その問題を解決してあげようと、アドバイスをしたくなります。それは相手を思うからこその優しさです)

ただ、その気持ちをまずは受け止めて差し上げてください。

ポイントは、まずは自分の気持ちとは切り離して、そう思う相手の気持ちだけをイメージする です。

 

今だったら、ニュースでも毎日感染者が増え、仕事もどうなるかわからない。。。こんな中不安だと感じたら、落ち着かないね といった様に。

 

そして、自分の気持ちも優しく受け止めてくださいね。

「こんな事思ったらだめ」と、つい思ってしまう方がいたら、自分の事ではなく、大切な大切な人として自分を客観的に見て下さい。気持ちを切り離すのであれば、良い悪いの判断を考えの中から切り離し、ただ、ご自身が感じた感情を受け止めてほしいのです。

 

不安なのに、「こんな事思ったらだめ」「誰にも言ってはいけない」「言ってもどうにもならない」と感じている人に声をかけてあげる様に、自分に声をかけてあげてください。

 

なんて言ってあげますか?

 

私は

「不安なのに、“どうにもならない”って、“こんな事思ったらだめ”って思うと、しんどいね」って思います。

そのしんどさを癒すために、温かいお茶を心を込めて淹れてさしあげたいなって思います。

温かいお茶が心を温めます様に。

 

 

不安ケアが一人で難しく感じられる方は、ご連絡下さい。

当面の間、40分無料で不安ケアとして、お話をお伺いします。

ご希望の日時をご連絡下さい。

 

ご予約はこちらから

ページトップへ戻る