08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

心理カウンセリング

大人の反抗期

心理カウンセリング 

心理カウンセリングや心理学講座を行っていると、

ある時期、今この「しんどい」の原因に心あたりが出てきて、

そうなった原因を急に憎む様になったり

「あなたのせいで」と思い始めることがあります。

 

過去に起こったこと(意識的にも無意識的にも)が今もなお影響を与えるくらい影響力のある方なので

その原因と思い当たる人は、ご自身にとって大切な方だったり、大好きな方だったりもします。

そして、その人を憎んだり、あなたのせいだ と思う自分に苦しまれることも。。。

その対象が親だった場合、大好きなのに、憎んでいる。。。

この二重の感情を持つ自分に苦しんでゆかれることがあります。

 

この様な経験をされておられたら、

どうか、苦しまないで下さい。

 

今、起こっていることは、子供のころにし損ねた 反抗期です。

 

幼少期に、良い子でいようとした方、面倒をかけない様にしていた方、子供でいられなかった方は

反抗期らしい反抗期を迎えずに大人になってゆかれます。

 

反抗期は、自我の芽生えで起こります。

 

自我とは、自分であること。

 

良い子でいなくてはいけなかった

甘えてはいけなかった

親を守ろうとしていた

 

そんな幼少時代をすごした方は、自分自身であることを、ひとまず置いて育ち、自我の芽生えを押さえ込んでこられた方が多くおられます。

 

自分であることを受け入れ始め、今、遅ればせながら反抗期がきています。

 

だから、苦しまないで下さい。

ご自身を責めないで下さい。

 

今、そのままの自分が形成されている段階なんだなって、温かくやさしくその自我を育ててあげて下さいね。

 

ページトップへ戻る