08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

ブログ

打ち明け話には、褒める をいれない

ブログ 

心理カウンセラー養成スクールでお話の聴き方トレーニングを担当しておりました経験より。。。

 

「褒められる」って、素敵ですよね。

つい、私も褒められると嬉しくなったり、こそばゆくなったり。嫌な気は一切致しません。

むしろ嬉しいです♪♪♪

 

ただ、誰にも言えなかったこと、その方の打ち明け話をお聞きする機会があれば、ちょと心にとめて頂きたいのです。

それは、褒めない。

褒めるという行為は、評価を伴っています。

皆さん、ご経験ないでしょうか。

褒められると、そうであろうと努力をしたり、褒められない行為は隠そうとすることを。。。

 

例えば、キレイね と言われれば、人は少し身だしなみに気を遣う様になったり、

ホントいつも優しいですね と言われれば、そう言ってくれる人には、つい いつもより優しくふるまっている自分がいたり。

 

本当にいつもあこがれています!と言われると、本当は失恋した話をしたかったのに、出来なくなったり。

頑張ってるよねと言われると、本当は頑張れない自分を隠したくなったり。

 

褒められると、そうではない自分を見せられなくなってしまいます。

大切な打ち明け話や、ネガティブな気持ちの時のお話を聴く時には、

うん、うん。とただ、じっくり聴いてあげる方が、相手は話しやすいのです。

 

もし、「私、頑張ったのに」とご自身がおっしゃった時には「うん。頑張ったよね」と追随してあげるのは

お相手の力になります。

 

相手が言ってない事は、褒めない

自分自身を褒めたり認めたりしている言葉が相手から出たら、追随してさしあげる

 

ちょっと頭の片隅にでも残して頂けたらな と思います。

 

 

ページトップへ戻る