08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

ブログ

頑張ると頑張りすぎるの違い

ブログ 

頑張る と 頑張りすぎる。

カラダやココロを疲弊させてしまうこの違いは、

頑張る「量」の問題ではないのです。

 

頑張っていると自分を認めてあげる心の有無だと、私は思います。

 

身体も心も、これ以上どうすれば良いんだろう と思いながらも

まだ、なお、足りない と思い重い足をひきずって、進み続ける。

 

「足りない」と思う心が、頑張りすぎてしまう心を作り上げています。

 

それほどに頑張りすぎてしまう方は、

その時出来るベストをいつも尽くしておられるのです。

人は、育った環境、とりまく人々が違って育ってきたので

やり方や進め方、感じ方、考え方が違って当然。ベストの尽くし方も人それぞれなんです。

 

もし、いじわるばかりをする人がいたとしても

最大の自分を守る方法であるかもしれないし、

お人よしと思われるほど、他人ばかり優先する人も、そのやり方で自分を守っているのかもしれない。

 

自分が学んできた生きるための術の中からベストを尽くしているのです。

 

頑張りすぎるのをやめるのは、自分を甘やかすことにはなりません。

癒しを求めたり、のんびりしたり、は甘やかすことではなく

カラダとココロを正常に機能させるとても大切な要素です。

 

重い足をひきずって歩いてきた と思われた方は

まず、重い足をひきずってまで歩いてきたご自身を労わってあげてください。

重い足をゆっくりさすり、その足を動かしてきた心に温かい飲み物を染み込ませ、

深い呼吸で頭を緩ませ、

ゆっくり休んでくださいね。

 

そして次に歩き出した時、

毎日、1日の終わりに、自分を労わる時間を設けてください。

 

頑張りすぎるのをやめるのは、弱いことではありません。

自分を労わることは、怠けているのでもありません。

人は、どんな人にも限界はあります。

その限界を無視していくと、心身に支障をきたす。

だから、自分を守るために、

ずっと重い足で歩かなくて良い様に

頑張りすぎないということは、

心と体をメンテナンスしながら、豊かに軽やかに歩いてゆくことだと思います。

 

ページトップへ戻る