08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

>>WEB予約はこちら

予約フォーム

心理カウンセリング

そのままのあなたで良い とは。。。

心理カウンセリング 

心理カウンセラーとして活動させていただく様になり、

私は何度も、「受容」「そのままのあなたで良い」 この意味について、考える様になりました。

昨年感じていたものと、一昨年に感じていたものと、今も少しずつ変化してきています。

 

それは、心理カウンセリングをご提供させていただく数だけ、

出会う人の数だけ、

それぞれの想いがあり、その想いは表面的にあらわれている場合、現れていない場合、

ご本人も気づいていない場合 があります。

 

そして、心理カウンセリングに足をお運びくださっている時点で、

自分を諦めていない自分がおられます。

 

インターネットで検索をかける、

気になる、想いが浮かぶ、

もうこの時点で自分を諦めていない自分がおられるんだと思います。

 

しんどいから という理由だけかもしれない。

でも、しんどい理由が知りたいかもしれないし

しんどい を何とかしたいのかもしれない。

これ以上しんどくならない様にしたいのかもしれない。

 

これは、まさに、自分を諦めていないことなんだと、思います。

 

意識的にせよ、無意識にせよ。

 

自分を諦めない ということは、変わらなきゃと思ったり、勤勉になる とか 勤労であるとか 人から褒められるとか ではないのだと思います。

自分が望む自分。。。例えば、今朝より明日は目覚めがよくなれば良いな とか

イライラしないといいな とか、そういう事からなのではないでしょうか。

 

自分が望まない方向に向かって、

 

人からの期待にこたえるために

人から見て恥ずかしくない様に

 

と進んでゆくと、違和感が心の中にわいてきて

でも、それでも「正しいはず」と突き進んでゆくことが、人にはあります。

 

違和感を感じるのは、自分が望まない自分だから。

 

自分を諦めない自分は、自分自身にとっての最大の、味方ではないでしょうか。

そんな最大の味方を隅においやる必要はないのだと、私は思います。

 

そのままで良い というのは、誰かのために生きるのではなく、

自分が嬉しい、心地良い、と感じる心のままで良いという事なのだと思います。

 

そして、

しんどいと思ったり、

嫌だと思ったり、

それは出来ない、

と思う自分がいても良いと自分自身が思える心なのだと思います。

 

そのままのあなたで良い とは。

誰かのためではなく、心に浮かんだ自分の感情。そう思う自分がいても良い。良くあろうとしなくても良い。まずは、人から見られる自分ではなく、自分が感じる自分をただ、ジャッジメントなく受け止めてゆくことが、そのままでのあなたで良いということなのだと思います

ページトップへ戻る