08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

心理カウンセリング

心理カウンセリングって何?

心理カウンセリング 

心理カウンセリングという言葉は知られてきていますが

では、一体心理カウンセリングがどういうものなのかについて

ご存知でしょうか?

 

心理カウンセラーです

と名乗ると、

「相談にのってくれるの?」

「アドバイスをくれるの?」

というご質問を頂く事が圧倒的に多いです。

 

まず、心理カウンセラーは「こうしてくださいね」というアドバイスは致しません。

 

私が思う心理カウンセリングは

一言で言うと自己成長のお手伝い でしょうか。

 

具体的にお伝えしますと。。。

まず、お話を伺います。

そこには、否定したり、ジャッジメントしたり、は一切なく

ただ、お話をお伺いします。

 

自己表現、自分の思っていることをそのまま言葉にすることはとても難しい事です。

そこには、単純に想いにピッタリあう言葉を見つける事が難しい事もあれば

ご自身で気づかない気持ちというものもあるからです。

 

心理カウンセラーは気持ちに寄り添いながらお話を伺い、

質問による投げかけによって、来談者(心理カウンセリングをお受けになられる方)がご自身で「自分はどう思っているんだろう」「どう思っていたんだろう」

と、ご自身の心の中を深めてゆかれます。

 

お話を伺いながら進める事もあれば

アートセラピーと呼ばれるセラピーを用いながら進めることもあります。

※アートセラピーについて

セラピー種類

このページより、下へ進みセラピー種類:アートセラピーをご参照下さい。

 

今までの事を整理しながらお話をすることで気づかれる方

なんだかわからないけどモヤモヤするその正体がわからない時にはアートセラピーを用いて気付かれる方

その時のその方の状態や、性質を確認しながら、進めてゆきます。

(このあたりは心理カウンセラーが見ながら進めてゆきますのでご安心下さい。)

 

その気付きの中で、「こうだと思っていたけど」「そうしなければいけない」「それ以外ありえない」

と思っていたけど、実は、別の想いがあったんじゃないか、他の方法があったかもしれない、など、

強く思っていた事の中に、違う見方がほんの少し見えてくることがあります。

違う見え方をしたという事は、その方の物事に対する捉え方の幅が増えてゆくことに繋がります。

 

捉え方が増えてゆくと。。。

今まで、こうしなければ、、、こうに違いない、、、と立ち止まっていた、出口をふさがれたり、どうしようもないと思い、そこから動けないでいた気持ちや想いに、

「いけるかもしれない」という新しい道が見えてくることに繋がってゆきます。

 

ふさがれていた出口が、実はふさがれていないかもしれない

これだけで、人は前に進む気持ちを取り戻してゆきます。

 

心理カウンセリングは自己成長のお手伝い とお伝えしましたが

自己成長とは、少し違う見方の幅が増えてゆくことなのだと思います。

 

とはいっても。。。

人は、辛い時、苦しい時、しんどい時、面倒くさい時、きっと無理に違いない と思う時、

出口がふさがれているかどうかも、出口があるのかどうかも、わからない時があります。

 

その、しんどさ、苦しさ、諦めの気持ちを、緩めることから、心理カウンセリングは始まります。

そして、その方のペースで、その方の望む自己成長をお手伝いしてゆく事が、私が提供している心理カウンセリングです。

 

心理カウンセラーがアドバイスをしないのは、

その方の人生はその方だけのものだから。

そして、人は自分の人生を自分で生きる力が必ずあると知っているからです。

 

ただ、今は、どこにあるのかわからない だけなのです。

 

ご不安な点や ご不明な点がございましたら、

いつでもお気軽にお問合せ下さいね。

 

心よりお待ち致しております。

 

ページトップへ戻る