08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

心理カウンセリング

心理カウンセリングを受ける前に読んで頂きたいこと vol.1

心理カウンセリング 

心理カウンセリングを受けようかな。。。どうしようかな。。。

と、随分悩まれる方は多くおられます。

よし!受けよう!と即決する方は中々おられないのではないでしょうか。

 

そんな中、よし!受けてみよう!と、大切なお金と時間を使って受けるのですから、

時間を無駄にして頂きたくないと思います。

 

時間を無駄に。。。とは。

特に、とても気遣いの出来る方や、ご自身の意見を言う事が苦手な方や、周りの視線が気になる方によくお見受けするのですが、無意識に空気を読んでしまう という方がおられます。

「こう言った方が良いのかもしれない」

「違うって言えない」

など、まるく治めようとしてしまう場合があります。

 

実は、かつての私もそうでした。

「こういう答えを求められてるんじゃないか」って、無意識に考えて、納得したふりをしていました。

でも、納得するふりをしなくなってからの方が、格段に心理カウンセリングの効果を実感する様になりました。

 

普段から、まるく治めようとする癖のある方は、無意識でなさっているので、

「ん?」と違和感を感じた事などは

そのまま、心理カウンセラーにお伝えになってみて下さい。

その「ん?」とひっかかったことにも、ひっかかった意味があります。

 

違和感をそのまま残したままだと、

心理カウンセリングが終わってすぐは「なんか、スッキリした」と感じたとしても

後で、違和感が大きくなってくることがあります。

 

どんな小さい事でも気になる事があれば、言ってくださる方が、私はとてもうれしいです。

何に気になるのか

何にひっかかるのか

これは、心理カウンセリングを進めてゆく上でとても大切なことです。

 

例えば、「〇〇なことがおありだったんですね。それは悲しかったですね」

と心理カウンセラーがお伝えしたとします。

でも、「悲しい」っていう言葉はちょっとしっくりこないな。なんか違う。と思った場合

心の中で(うーーん、悲しいとは、思わなかったかも。でも、思ったかもしれないし、ま、いっか)

と思って「そうですね。悲しかったです」と答える必要はありません。

 

悲しいって言われると、なんか嫌だ。と思うかもしれない

悲しいって言われると、しっくりこない

悲しいのかな。わからない

 

色んな感情が沸き上がってくると思います。

 

心理カウンセラーも「悲しかったんですね」とお伝えして

違うといわれると、心理カウンセラーの心に残るのは「悲しいんではないんだ」という事だけ。

それ以上でもそれ以下でもないので、安心して思ったことをお伝えになられた方が良いと思います。

 

「違う」

「言いたくない」

「わからない」

「しっくりこない」

「やっぱり嫌」

 

感じた事を伝える事で、心理カウンセリングの深さも大きく変わってきます。

 

「違う」って言われて、嫌な気持ちになる心理カウンセラーはいないと思います。

また、「違う」って言えない空気があるのであれば、それは心理カウンセラーの責任です。

 

「わからない」って言われると、わからないものの正体は何なのか

※わからない ひとつとっても、感じられないのか、考えられないのか、考えたことがなかったのか、その事を考えると気持ちが閉じてしまうのか、など、色々な わからない があります。

を一緒にみてゆけますので、わからないという言葉も大歓迎です。

 

感じた事をそのままお伝え頂けることが、その心理カウンセリングの時間を最も有効に運べる最大の方法だと思います。

 

完全に信用してから受けに行きましょう

という意味ではありません。

無理や我慢をしないで頂きたいのです。

気分が悪くなった

トイレに行きたくなった

喉が渇いた

部屋が暑い、寒い

など、においても、そう。我慢をしないでいただきたいのです。

 

まともな心理カウンセラーであれば、

どんな言葉も、感情も、すべて大切に扱っている筈です。

「違う」と感じたその感情もとっても大切。「私が言ったことを否定された」と感じる心理カウンセラーがいるのであれば、それは心理カウンセラーの問題です。

 

ジャッジメントしないのが心理カウンセリングの基本中の基本です。

大切な時間とお金と、そして 今まで言えなかったことをお伝えくださる その心 を無駄にしないで下さいね。

 

心理カウンセリングをどこで受けよう

どんな心理カウンセラーが良いかわからない

どんな人だろう。。。

と不安なお気持ちもおありだと思います。

そんな時は、まず電話やメールで問い合わせをされてみられてはいかがですか?

相性もありますので、少しコミュニケーションを持たれるのも良いかなと思います。

 

当サロンは、お問合せはいつでも歓迎です。

また、初回カウンセリングは30分の無料のお時間を設けております。

その無料の30分を心理カウンセリングを受けようかどうしようか と判断するお時間にお使い頂けます。30分たった時点で、そのまま心理カウンセリングをお受けになられるかどうかをご判断下されば大丈夫です。

 

ご不明な点やご不安な事があれば、何でもお問合せ下さい。

 

ページトップへ戻る