08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

ブログ

最近、楽しい、わくわくしないと、思い当たる方へ

ブログ 

ヒューレッドパッカード社のプロモーションビデオで、

「あの頃の“わたし”を、あの頃に置いてきてしまったかもと思っている、すべての人に」

というキャッチコピーを見ました。

 

確かに大人になり、色々と経験を重ねる内に、初めての経験が少なくなり、

若かったころに比べて、驚いたり、ワクワクしたりしなくなったかもしれません。

あるいは、「そんなこと、この年になって」と知らず知らずの内にブレーキをかけているかもしれません。

 

あるいは。。。

嫌だったこと、傷ついたこと があった時に感じる感情を、閉じ込める癖がついているのかもしれません。

いらっとしたり、傷ついたり、悲しかったりする感情は誰もが持っていますが

毎回それを感じ続けると、疲れてしまったり、毎日が過ごしにくくなるので、

その感情を見なかったこと、気づいても感じない様にしてしまう事があります。

こんな風に感じる自分はダメだよなーって漠然と浮かび上がる感情に蓋をしてしまう事もあります。

 

こうして感情を閉じていると、嫌な事だけでなく、

楽しい、や、ワクワク も感じにくくなってきます。

 

嫌だな、悲しいな、いらっとするな、寂しいな。

など、浮かび上がった感情は、慌てて蓋をせず、認めてあげて、

その感情に対する対処法をご自身で見つけてあげると、我慢が積み重ならず、感情が戻ってくるかもしれません。

 

例えば、イラッとしたら、愚痴を吐く時間を決めて友人にただ聞いてもらう。

悲しいと感じた時は、少し良い紅茶を飲む。大好きな甘いものを食べる。泣く映画を見て号泣する。などなど

浮かび上がった思いを紙に書いても良いです。

「なんであんなこと言うんだろう。すごい嫌だった」などなど。

 

感情を書き出すだけでも、浄化といって、感情が溜まらなくて消失していくので、なんだかスッキリしますので

一度お試しください。

 

私は、もう少し突っ込んで

「すごい嫌だった」→「何が嫌?」→「●●って言われたこと」→「なんでそれを言われると嫌なの?」という風に、「嫌」な気持ちの本質を探っていきます。

感じた想いの奥底に何があるのかな。と。

より深いところの浄化が行えるのと、自分がどう反応するのかを知ることが出来、色んな対処法がうまれてきます。

こうして、一人プチ心理カウンセリングを行ったりしております(*^-^*)

 

感情はためずに、色々な方法で流していってあげましょう。

一人では流しにくい という時は、お役に立てるかもしれません。

ご連絡くださいね。

 

ページトップへ戻る