08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

ブログ

コミュニケーション

ブログ 

コミュニケーションが得意!という方。

苦手だという方。

様々だと思いますが、

このコミュニティは大丈夫だけど、ここは苦手 という方、多いのではないで。

 

もし、コミュニケーション能力を今よりあげたいな と思われる方がおられれば、

苦手だな と思う時、チャンスかもしれません。

 

人は、それぞれ、自分のコミュニケーションパターンを持っています。

だいたいの方は、自分でそのコミュニケーションのパターンを選んだわけではなく

過去の自分の経験から、成功した行動パターンを使っているのです。

 

うまくいかないな。苦手だな と思う時は、そのパターンがあっていないだけ。

でも、時に、人は、うまくいかない、苦手なところにいると、いつもとは違う反応をしてしまう事があります。

例えば、いつもの仲間なら、「え?違うんじゃない?」と言われても「どう違うの?」と普通に素直に聞ける場合でも

苦手なコミュニティの中で「え?違うんじゃない?」と同じことを言われた場合、否定された、攻撃されたと思うことがありませんか?

 

なぜ、否定された様に感じたのか、なぜ攻撃された様に思うか。をちょっと自分の中で観察してみると

良いかもしれません。

それは、声の柔らかさであったり、笑顔の有無であったり、単によく知らない人だからだったり、

突然話をさえぎられて言われたのかもしれないし。

 

どこに違和感を感じたのか をみてゆくと、そのコミュニティに馴染めない苦手な部分がみえてくるかもしれません。

そして、苦手だなと思った時に自分がとる行動を変えてゆけば、新しいコミュニケーションパターンが生まれてきます。

 

誰もが、自分のやってきたことを否定されると腹が立ちます。

相手に敬意を払う。

自分も相手も認める。

これは、どのコミュニティにも共通して使えるパターンです。

相手に敬意を払うのは、媚を売るとか、なんでもかんでも相手の言いなりになる という事とは違うと思います。

これでは、今度自分に敬意を払っていない事になります。

 

相手の意見も尊重したうえで、ご自身が譲れないところは、

もし、いつもの言い方で相手が取り合ってくれなかったり怒ったりするのであれば

言い方を変えてみたらいかがでしょうか?

 

あなた自身を譲る必要はなく、方法を変えるだけなのです。

 

ひとつ、付け加えておくと、

もし、相手が怖いな でも言いたいことがある という時は

お話をされる前にお家で相手の怖い顔を思い浮かべながら

「大丈夫。大丈夫。傷つけられないよ」と深く呼吸を繰り返し唱えてみてください。

 

脳が危険じゃないかもと判断しはじめます。

 

 

 

ページトップへ戻る