08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

ブログ

救われる言葉

ブログ 

目の前の人を助けたい。何か楽になることを言ってあげたい。

といったご相談をいただくことがあります。

 

そんな時、事情はいろいろおありで、お一人お一人に届く言葉は違うのだと思うのですが

共通してお伝えしていることは、

その方はどんなお気持ちだと思われますか?

とお聞きします。

 

人は、わかってくれる人がいれば、救われるのではないかと思うのです。

そして、そのわかってくれるは、「あなたはそう思うのね」と心中を考え

そんな想いをしているなら、「辛いね」だったり「しんどいね」だったり「苦しいね」だったり。

わかってくれる のは「私もそう思う。わかるわー」ではなく、「あなたはそう思うのね」

わかるわーといっても、同じ経験をされたかもしれないけれど、感じ方は人それぞれ。

しんどい真っ最中の時、人は、あなたにわかるの?と反発してしまう時もあります。

 

同感 私もそう感じる ではなく

私たち心理カウンセラーも使用している、

共感 共に感じる なのです。

 

相手の方の状況を変えるアドバイスではなく、まずは、その経験をして、その相手の方がどう思うのか。

どんな気持ちになったのか。という点でお話を聞き、共に感じてさしあげてください。

 

もし、「それは辛いね」といった時に相手の方が「辛くない」と言ったり、黙ったりされた時も慌てず

「どんな気持ちだったの?」と聞けば良いだけなのです。

良いことを言ってあげようとか

心に響く言葉は何だろう

と考える必要はありません。

あなたにお話しをしているのだから、

あなたに聞いてもらうだけで、救われるのです。

 

きっと、どんな言葉を言ってあげたら良いか と悩まれる方は

相手の気持ちを考える方なのですね。

だから、あなたにお話しをされたのだと、自信を持って、お話を聞いてさしあげてください。

 

 

ページトップへ戻る