08091688816

営業時間:10:00~19:00(最終受付)不定休

予約フォーム

ブログ

ストレスの仕組み

ブログ 

「ストレス」は、もはや日常語になっているくらい身近なもの。

では、なぜストレスを感じるのか。どうしてストレスを感じると胃が痛くなったり、過呼吸になったり、便秘や下痢になるのか。。。

 

理性や知性をつかさどる大脳新皮質と、本能をつかさどる大脳旧皮質が、葛藤し喧嘩をしている状態なんです。

 

やることがありすぎる。

理性では、やらなきゃなーと思いながら 本能では、やりたくない。

この葛藤が強すぎると、生命をつかさどる脳幹と呼ばれる部分を経て、体の状態を常に良い状態に保とうとする自律神経に間違った司令が送られ、体に様々な症状が出てしまいます。

 

ストレスを感じる時って、そういう場合ではないでしょうか?

食べたい気持ちがものすごく高まるけど、ダイエット中だから食べてはいけない時

自信がないのにやらなければいけない時

会いたくないのに会わなければいけない時

などなど。

想いと現実が一致しない時に起こります。

 

なかなか、すべて思い通りにいくこともなく、嫌でもやらなければいけないことも多く。。。

嫌だな。。。って思った気持ちのまま過ごしていては、しんどさが募るばかり。

葛藤が長く続くと、自律神経も乱れてゆきます。

気分転換、リフレッシュという言葉も日常的になっていますが、この気分転換、リフレッシュ はとっても大切です。

本能の部分が心地良いと感じること、五感にアプローチしていくと、問題は解決していなくても

葛藤のエネルギーは弱まり、気持ちが楽になります。

お風呂にゆっくり温もったり、温かいものをゆっくり飲んだり、好きな香りを嗅いだり、心が晴れる様な景色を見に行ったり、心が癒される音楽を聴いたり、安心できる人と手をつないだり。

 

ご自身が、あーホッとする!と思うことを、ストレスを感じたらフル活用してください。

 

ページトップへ戻る